エアコン工事は取り外しと取り付けを同一業者で依頼

subpage1

賃貸の部屋に住んでいる人が自ら部屋に取り付けたエアコンは、退去時には取り外しが必要になります。
これは入居時に原状回復に付いての説明を受け、入居後に自らが取り付けた設備はすべて撤去する、借りた時と同じ状態に戻す原状回復が必要になると言う意味があります。

エアコン工事は取り外しを行った後に、転居先で取り付けのためのエアコン工事を行う事になります。仮に現在利用しているエアコンを廃棄処分するだけであれば、取り外しだけを行えば良いのですが、引っ越し先でも同じエアコンを利用する場合には業者に依頼をして取り付けが必要になると言う事です。


尚、エアコン工事は取り外しと取り付けの両方が必要になった時、コスト面を考えた場合には同じ業者に取り外しと取り付けを依頼するのがお勧めです。引っ越し前に取り外しをしておいて、荷物を新居に運ぶと同時に取り付けを行えば、引っ越ししてすぐにエアコンを利用出来るメリットもあります。

珍しいエアコンの工事が広く知れ渡ってきました。

但し、工事業者にはそれぞれ対応エリアがあるので、引っ越し先が対応可能エリアの場合に限り、同一業者でのエアコン工事が可能になります。
工事を依頼する時など、工事業者に引っ越し先の対応が可能であるのか否かを確認しておくと良いでしょう。



さらに、料金の割引の有無なども確認しておくと便利です。



取り外しと取り付けの両方を依頼した場合、料金の割引が行われるケースがあるので、対応可能なエリアである時などは、割引きに付いての確認をしておくのがお勧めです。